山梨県(県土整備部) 令和5年3月から適用する「公共工事設計労務単価」等の運用に係る特例措置 について

山梨県(県土整備部)ホームページに 令和5年3月から適用する「公共工事設計労務単価」等の運用に係る特例措置(令和5年3月1日) が掲載されています。

 

・新労務単価の運用に係る特例措置について

 ⇒ 掲載ページへ移動

 

・新技術者単価の運用に係る特例措置について

 ⇒ 掲載ページへ移動

 

・山梨県では、令和5年3月から適用する公共工事設計労務単価(以下、

「新労務単価」という。)及び設計業務委託等技術者単価及び労務単価

(以下、「新技術者単価」という。)が、従前の同単価(以下、「旧労務

 単価」「旧技術者単価」という。)に比して変動していることに伴い、

 工事請負契約書第25条第6項(インフレスライド条項)の適用及び、

 新労務単価及び新技術者単価の運用に係る特例措置を適用します。

 ※特例措置の取り扱いについて。

 ⇒ 掲載ページへ移動